極真空手とは


 

 極真会館(きょくしんかいかん)は、日本の空手道団体。創始者:大山倍達。

 当時、寸止めが主流であった空手業界で、初めて直接打撃性をルール化し、

 大規模な国際大会が開催しされた。

 前身は日本空手道極真会 大山道場。極真の由来は「千日を以って初心とし、万日を以って極とす」  

 という言葉の“心”を“真”に変え、名称とした。

 最盛期は1990年代の大山存命中で各都道府県へ支部が設置され、

 世界123ヵ国に公認支部道場が1,000以上、会員1,200万人の規模であった。

 

 


総裁紹介


 

大山倍達(Masutatu Oyama)

 

今から半世紀前、 ビール瓶を手刀で割り、10円玉を指で曲げ、石を手で引きちぎり、

世界中の格闘家に打ち勝ち、 47頭もの猛牛を素手で倒した男がいた。

 

男の名を大山倍達という。極真空手の創始者であり、1965年「直接打撃制ルール」を掲げ、

財団法人極真奨学会・国際空手道連盟・極真会館を設立。

 

世界120カ国、1200万人の 門弟の総裁として、 その生涯を極真カラテに捧げた。

 

1994年逝去。(享年70歳)


大山倍達 語録


 

 

「実践なくんば証明されず
証明なくんば信用されず
信用なくんば尊敬されない」


「正義なき力は、暴力。力なき正義は、無能」


「空手に先手あり、しかれども私闘なし」


「技は力の中にあり」


「相手より強くて、速くて、上手ければ、かならず勝てる」


「空手が地上最強の格闘技であるのは、

                目突きと金的蹴りがあるからだ」


「牛を水飲み場に連れて行くのは、牛飼いの役目。
 ただし水を飲むか飲まないかは、牛自身の問題だ。
 わたしは空手を教えるが、強くなるかならないかは、

 きみたち自身の問題だ」


「極意は、自分でつかむものだ」


「空手の極意は、試割りにある」


「売られたケンカは買え。ただし自分からケンカを売る必要はないが」


「小川にはメダカしかいない、鯨は海にしかいないんだよ。
 人間も大きくなろうと思うなら

 海のように大きな大都会に行かなきゃダメだよ」

 

 

 

 


総裁 座右の銘


               一、武の道は礼に始まり礼に終わる よって常に礼を正しくすべし

               二、武の道の深求は断崖をよじ登るがごとし 休むことなく精進すべし

               三、武の道においてはすべてに先手あり しかれども私闘なし

               四、武の道においても金銭は貴いものなり しかれども執着すべからず

               五、武の道は姿なり 何事においても常に姿を正しくすべし

               六、武の道においては千日を初心とし、万日の稽古をもって極みとす

               七、武の道における自己反省は、常に練達への機会なり

               八、武の道は宇のためにあるものなり 修練にて私心を忘れるべし

               九、武の道においては点を起とし、円を終とす 線はこれに付随するものなり

               十、武の道において真の極意は体験にあり よって体験を恐れるべからず

               十一、武の道において信頼と感謝は 常に豊かなる収穫を得ることを忘るべからず

道場訓


                   一、 我々は心身を錬磨し確固不抜の神技を極めること
                   一、 我々は武の神髄を極め機に発し感に敏なること
                   一、 我々は質実剛健を持って克己の精神を涵養すること
                   一、 我々は礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと
                   一、 我々は神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること
                   一、 我々は知性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること
                   一、 我々は生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること